リフォームローン金利がお得な銀行は?

リフォームローンといえば
イオン銀行住宅ローン!

トップページ

当サイトはリフォームローンの利用を検討している方に、金利が安く借りやすいと評判の銀行を厳選して比較し、ランキング形式で紹介しています。

リフォームローンとは、リフォームの際に使うことを目的としたローンのことです。

住宅ローンと比較すると限度額の枠は少ないのですが(50万~1,000万円ほど)、無担保のものも多く、住宅ローンと比べて条件や審査が厳しくないという特徴があります。

リフォームローンを選ぶポイントを紹介します。

  • 借りやすさ
  • 金利
  • 借入可能額
  • 借入期間
  • 金利タイプ
イオン銀行 じぶん銀行 住信SBIネット銀行
オススメ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
借りやすさ
金利(年率) 2.50% 0.69%(固定金利) 2.475~4.475%
借入可能額 30万円以上
500万円以内
500万円以上
1億円以下
10万円以上
1,000万円以下
借入期間 1年以上10年以内 1年以上35年以内 1年以上10年以内
金利タイプ 固定 固定/変動/ミックス 変動

大規模なリフォーム工事を計画している方は、リフォームする物件などを担保にする有担保型のリフォームローンもあります。有担保型のリフォームローンであれば、一般的な住宅ローン同様、1~2%の低金利で長期間・高額を借入可能になります。

上記のポイントをおさえて、どこでリフォームローンを組むのが1番得になるか検討することが大切です。

リフォームローン金利
\おすすめランキング/

≫イオン銀行リフォームローン≪
おすすめ度 ★★★★★
借入可能額 30万円以上500万円以内
借入期間 1年以上10年以内
金利体系 固定
金利 2.50%
※2018年10月10日現在
資金使途 本人または同居する家族が所有する本人居住用住宅で、増改築や改装、補修、車庫の設置、造園、システムキッチン、住宅用定置型リチウムイオン蓄電池等の住宅関連設備の工事および購入に伴う費用。

※ 賃貸マンションのリフォームにはご利用になれません。
※ 店舗など事業性リフォームの資金にはご利用になれません。
※ 他社利用中のリフォームローンの借換にはご利用になれません。
借入条件 以下のすべての条件を満たす方
・日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
・契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
・イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方
・前年度税込年収が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方*
・保証会社であるイオンクレジットサービス(株)の保証を受けられる方
* 年金受給者、学生、無職の方はご利用になれません。
担保・保証人 不要
繰上返済手数料 不要
来店 不要
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料!
  • 安定の全期間固定金利!

【住宅ローン・リフォーム活用プラン】
イオン銀行の住宅ローンリフォーム活用プランで、リフォームと同時に住宅ローンの借換を行う場合、住宅ローンの金利が適用されるほか、借入期間が最長35年になる可能性があります。

【目的型ローン】
リフォームローンの金利ご希望に添えない審査結果となった場合でも、資金使途自由なイオン銀行フリーローンでリフォームできる可能性があります。


≫価格.com人気No.1!≪
おすすめ度 ★★★★☆
借入可能額 500万円以上1億円以下
借入期間 1年以上35年以内
金利体系 変動/固定/ミックス
金利 変動金利:0.457%
固定金利:0.69%
※2018年9月28日現在
資金使途 ・戸建・マンション(中古物件含む)の購入資金
・戸建の新築資金
・他の金融機関で現在借入中の住宅ローンのお借換(住宅ローンとリフォームローンの一括でのお借換えを含む)資金
・上記に伴う諸費用
借入条件 ・じぶん銀行に円普通預金口座をお持ちの方 ・申込時のご年齢が満20歳以上満65歳未満で、最終ご返済時が満80歳の誕生日までの方 ・安定かつ継続的なご収入のある方 ・じぶん銀行指定の団体信用生命保険に加入できる方 ・日本国籍の方、または永住許可を受けている外国籍の方 ・じぶん銀行が定める借入条件に該当する方
担保・保証人 担 保:借入対象物件(土地・建物)にじぶん銀行を第一順位とする抵当権を設定
保証人:原則不要
繰上返済手数料 一部繰上返済手数料:不要
全額繰上返済手数料:変動金利適用中…無料/固定金利特約適用中…32,400円(税込)
来店 不要
  • 価格.com住宅ローンランキング1位!
  • 最短10日で契約完了!

【がん50%保証団信】
がんと診断された時点で住宅ローン残高が1/2になるがん保証特約(50%)がついた、がん50%保証団信プランがあるので、万が一の時でも安心です。

【ネット完結】
じぶん銀行は契約書の記入や捺印は一切不要、申し込みから契約までネットで完結でき、契約完了まで最短10日で手続きが完了します。


≫Mr.リフォームローン≪
おすすめ度 ★★★★☆
借入可能額 10万円以上1,000万円以下
借入期間 1年以上10年以内
金利体系 変動
金利 2.475~4.475%(2018年10月1日現在)
資金使途 ・住宅の増改築工事、補修、造園およびバリアフリー改築資金
・リフォーム工事を伴う住宅の設備機器購入資金
・耐震・免震工事資金
・他金融機関で借入中のリフォームローンのお借換資金

※ 賃貸マンションのリフォームにはご利用になれません。
※ 店舗など事業性リフォームの資金にはご利用になれません。
※ リフォーム対象物件が自宅兼店舗もしくは事務所の場合、店舗または事務所部分におけるリフォームの資金にはご利用になれません。
借入条件 以下のすべての条件を満たす方
・申込時年齢が満20歳以上で、完済時満70歳未満であること
・原則として安定継続した収入のあること
・外国籍の場合、永住者であること
・保証会社の保証を受けられること
・当社の代表口座を保有していること(同時申込可)
担保・保証人 不要
繰上返済手数料 不要
来店 不要
  • 条件次第で金利最大年1.0%引き下げ!

【年収証明不要】
借入金額が100万までであれば年収証明は不要です。

まとめ

当サイトはリフォームローンの金利や借りやすさを比較し、ランキング形式で紹介しています。

リフォームローン減税のQ&A

リフォームローンについて様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここではリフォームローン減税に関する疑問・質問をQ&A方式でご紹介します。

Q.屋根の重ね張りは住宅ローン減税の対象となりますか?

A.建築士の判断となります

Q.外壁への遮熱塗料の再塗装をしたのですが減税対象工事となりますか?

A.なりません

外壁の塗装は対象外です。

Q.クロスの貼替でローンを組んだ場合、減税対象になりますか?

A.なりません

単なるクロスの張り替えの場合、対象工事には該当しません。

Q.住宅取得でのローンとリフォームのローンは合算して控除対象借入限度額まで利用できますか?

A.できます

住宅取得でのローンとリフォームローンは合算して4000万円まで控除対象借入限度額となります。

Q.簡易設置型の便器手すりはバリアフリー減税の対象となりますか?

A.なりません

工事の必要がない置くだけのタイプ等は対象となりません。

Q.防蟻処理は耐震リフォーム減税の対象となりますか?

A.なりません

耐震改修に直接関係のない工事ですので減税の対象にはなりません。

Q.確定申告をさかのぼって、リフォームローン減税を受けられますか?

A.受けられます

5年前までさかのぼることができます。詳しくは最寄の税務署までご確認ください。

リフォームローンを調べているときに役立つコラム

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。でも、住宅ローンと比較して借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。


リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円になります。
ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。
返済に無理のない借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。



リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除があります。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり指定されています。


省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリー化の工事については20万円と定められています。共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。
口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。



申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。オンラインで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。アルヒのリフォームローンについて紹介します。 アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。融資金額は50万円以上1000万円以内と高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。
それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。


また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、任意で団信保険付プランを選択することもできます。
利率は変動金利型となっており、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。
(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。リフォームローンには担保形と無担保型があり金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。
金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。残念ながらリフォームローンに落ちたという人はまずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。
落ちてしまった要因として借入希望金額が高すぎたのかもしれません。勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった問題があったのかもしれません。



仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況も大きな要因となります。これらを整理することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。


おすすめのリフォームローンを探すには ランキングサイトを参照するのが良いでしょう。しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるのでひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。



オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。


オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。
使い道として改修工事やリフォームだけに留まらずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。



保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るローンです。その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。そのため無担型ローンをおすすめするケースは規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に通りやすいという傾向があるからです。
リフォームローン減税について説明します。


リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。



減税の対象となるリフォーム工事についてですが何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。
減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。利用者に関しても要件があり年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。また減税の申請は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をする必要があります。

リフォームローンを調べている際のお役立ち情報

リフォームローンに関する最新の専門情報はこちらからどうぞ。

リフォームローン金利比較サイト

リフォームローン金利比較サイト